kuboは高校生なのですわ。男です。


by kubo3316
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
「今のっている電車どこに向かってますか」


おれが居眠りから目覚めた駅で乗り込んできて、隣の席に座った二人組の成人男性にたずねたのね。

そしたら、笑顔でこう答えてくれた。

「わたしたちもここの人間じゃないからわからないんですよ。」



「そうだったんすか!そうとは知らずすみません。」

「いえいえ、わたしたちは東京からきたんですけどね。
きみも旅行かい?何年生?」

「いちお大学一年生なんすよー。
奈良の友達のいえに遊びに来てました。
三重からです。」

「旅行かい、ぼくたちも大仏のほこりを掃除するボランティーアに参加しに来ていたんだよ。」

・・・などと、

そこからしばらく会話。

そうこうしてたら
おれが電車を乗り換えるべき
駅に到着したので
ペコっと軽いおじぎを交えて

「じゃあこのへんで。」

と言った。


扉が開いたので最後にもう一度振り返って、
ペコっとおじぎしたら、
片方の人が両手をメガホンのように口に当て、
車内中に聞こえるくらいの大きさで

「旅行楽しんでや。」

って。



そうだなぁ
楽しまなきゃいけないな

さいきん人生って楽しむためにあるもんなんか的なことをよく考えてたのだけど、
やっぱりそうなのかなっとおもえた。

論理とか、もしもの想定とかいうものをぶっこわして、
人生は楽しむものだって
こたえだしてくれたきィした



こういうのってウジウジ考えてるっていうやつかな
でもそういう性格なんだよなあ

基軸にそういうのがあんだよなあ。

「イワァァーーク!」
[PR]
# by kubo3316 | 2009-08-09 23:00 | 生活中

どくしょしゅうかん

本を読むこと・・・

好きな方法で本をひらき
文章を読む
挿絵を見る

文章・・・文・・・文節・・・文の成分・・・単語・・・音節・・・とか

うひひひひひひひひひひひっひひひひひひひっひ


ほんをよむとことばのしはいしゃがげんきになるきがしませんか
ことばのしはいしゃはのうのなかにいます

最近は本読まずにポケモンをやってます
フッチャンの姉ちゃんにかりたGAMEBOYCOLORの金をやってる

わけわからない
[PR]
# by kubo3316 | 2009-08-09 22:35

急いでるなら太字を読メ

ブログの可能性・・・


もし ある人が自分のブログを、
出版の権利をもつ仕事に就く人間に見染められ
必要な段階を踏んで出版にいたったとする。


つまり自分のブログを本にできたとする。



そうすると、
平凡な生活をおくる凡庸なある人が、
平凡な生活をおくる凡庸な多くの人にとって、
おたがいによく知りあう友達や恋人や家族いがいで、
ある特徴的な、他の 多くの一般市民と 区別されるしるしをもつ者に
なるかもしれない。


つまり、有名になるかもしれない。



(平凡な生活をおくる凡庸なある人とは、
自分の生活や思考に継続的に影響を与え続けることのない人のこと。
つまり、自分とは関係のない人間のこと。)

逆接
[PR]
# by kubo3316 | 2009-08-01 13:27 | 生活中

My Generation

ナガブチとかヤザワが
こういうことに関しては
若者の代弁者なのかもしれない

かれらの歌はじっくり聞いたことない部類の人だから、
もっと違った形の情熱を歌にしてんのかもしれない

ナガブチとかヤザワに詳しい人、
いたらkuboに教えてください。
彼らの人生のテーマ的なもの!


で、何が言いたいかというと
いまは僕たちの世代の時代だ

もっとヒシヒシと生きたいんだ

次の子供たち、ぼくたちの次の世代がいつの日か生まれてくるまでは、
ぼくたちは人間の基礎

子をもたない若い人間は自由だ

自分のために生きればいい。
そりゃちょっとは次の世代のことも頭にいれておかなきゃいけないけれど



とにかく!
今はぼくらの時代だ

YUI
[PR]
# by kubo3316 | 2009-07-30 11:03
あー戻るボタン押して
長編大作が消えてしまった

やる気もいっしょに消えました。


ええ話やったのにぃぃぃぃ

あーん

こういうのは人生レベルの損失だゾヨ!!!

これだから電子に記録した文字はだめだゾヨ!!!

誰かが自分の部屋の隅っこでこっそり作ったウィルスで
世界中のエレクトリカルなもん全部
使いもんにならなくなったりしたら
おもしろいのに


一回出力した気持ちとかってのは
何回も寝て、
おんなじことを思えるようなコンディションがめぐってくるまでは
うまれてこないんだゾヨ!!!

もう

相当うちあけた中身だったんだ
夜の不思議なほどに積極的なテンションを使って
やっとのこと書きあげた日記だったのだよ


僕の実家の部屋の秘密の話、それに伴う母の話、青年のためになる心理学の話
はてはマイ・スウィート・小さな初恋のメロディまでもが
書きこまれた日記だったのだ。

しかしもう復元されることはない。

スペインのレコンキスタで
消滅したアメリカ大陸の
尊敬すべき名もなき文明のように

ぼくの日記は
一瞬にして消え去りました。。。


題名にも
うまいことつながる話だったんだよ

スーパーカー
[PR]
# by kubo3316 | 2009-07-25 05:31 | 生活中